英語の勉強法

英語の勉強の際のテクニックについて

大学受験において、文系と理系に問わず共通してほぼ必須となっている科目は英語です。しかし、多くの受験生が苦手としているのも英語が多いようです。苦手とする理由は勉強の仕方にあります。今回はこの大学受験における英語の勉強法についてご紹介していきます。 勉強の豆知識やテクニックとしては次のようなことが挙げられます。 長文においてそれぞれの構文や単語の意味は分かるけれど文全体の意味がつかめずに、更に日本語訳を読んでも良く意味が分からないということが多々あります。受験では専門的な研究に関する長文も多々あります。これに対処するには、勉強するときにはとにかくいろんな長文を読み漁ることが一番のテクニックとなります。色々な内容の長文を読むことで、様々な背景知識がため込まれてきて初見の長文でもすんなりと内容を理解することが容易くなります。

勉強の際に工夫できることについて

大学受験の英語を勉強する際に工夫すると良いことは私の経験上ですが、長文読解を主体に勉強する方法です。こうすることで、長文に組み込まれている構文であったり、単語を効率良く覚えられるメリットがあります。また、単語に関して言えば、単語帳などで文章と切り離されたものを覚えたとしても実際に長文の中で出てきた意味合いとは少しずれていることが多くきちんと訳せないことが多いです。なので長文主体の勉強は、文中に出てきた単語の意味に触れることで実戦での演習ができるメリットがあります。 また、一日一回は長文を音読すると良いです。これをすることでリーディングの際に戻り読みせずに一読できる力が養われます。 以上が大学受験における英語の工夫できることです。