英語への挑戦

現在の出題傾向を掴んでおく

受験シーズンがやってくると、学習方法は各自違っていても、受験に向けた精神的な士気は高まります。勉強方法としては、まずは英語を克服するといった人も多く見られます。受験に必須科目として設定している大学も多いので、対策が必要になります。 大学受験英語は、出題者側である大学の傾向も掴んでおく必要があります。現在では、ヒアリングに重点を置いた問題であったり、ダイアログ(会話)形式の問題も増えています。勉強をしているとわかりますが、一般的な文法形式の文章と、実際の会話中の文章では大きな違いがあります。その点を認識し、最近の出題傾向を把握しながら、大学受験英語の学習を進める様にしてください。大学毎に傾向が違っている場合もあります。

学習方法を参考にしてみる

大学受験英語の出題傾向を掴むには、過去問などを利用する事もあります。中でも、最新の出題については、その傾向を練っておく必要があります。書籍販売店には、大学受験用の参考書が設置されています。大学毎の参考書、過去問集があります。大学毎の参考書を購入して、傾向を掴んでおく事が大切なポイントです。実際に実施された当時の試験時間などが記載されていたりもします。アクセント、文法、穴埋め、長文読解などへの時間配分についても、自分でコツが掴める様になります。 また、大学毎の参考書には、『傾向と対策』なども同時に記されています。他の大学と被る部分もありますので、是非参考にしながら、大学受験英語の学習を進めていってください。